新型コロナでクルマ需要増 都会でもクルマを持てるようシェア前提でのクルマ保有を促進 Anyca、 クルマ契約者に月々最大4万円を支援 ビッグデータを活用し、AIによる支援金決定も

株式会社DeNA SOMPO Mobilityが提供するカーシェアサービス「Anyca(エニカ)」と 株式会社DeNA SOMPO Carlifeが提供するマイカーリースサービス「SOMPOで乗ーる」は、 「Anyca オーナー定額支援プログラム」のオーナー募集を2020年8月25日(火)より開始します。 「SOMPOで乗ーる」で特定車種を契約し、「Anyca」でカーシェアをすることを前提に 本プログラムを契約した方※1に、DeNA SOMPO Mobilityが毎月定額の“Anyca支援金”※2を お支払いする新しい仕組みです。

【今回の定額支援のPOINT】

●カーシェア前提でカーリースした方に、シェアの回数に関わらず最大で4万円を毎月定額支援
※諸条件があります

●さらに、定額支援の他に、シェアが入るごとにシェア受取金額も上乗せで受け取れる(アルファードが実質月1万円台で所有できる可能性も)
※通常のカーシェアの場合は、シェア料金からプラットフォーム手数料のみ控除されますが、本プログラムを利用する場合は、「予約成立料」も追加で控除されます

【定額支援が可能な理由】

●同じグループ会社だからこそできる「カーリース」×「カーシェア」
→通常のカーリースの場合、カーシェアに出せない場合が多いが、「SOMPOで乗ーる」はAnycaでのカーシェアが可能

●Anycaの過去5年間のビッグデータどのエリアでどの車種が、月にどのくらいシェアで収入があるのかというビッグデータが蓄積されている
→シェアが入るごとに通常の手数料とは別に「予約成立料」をいただくため、Anycaとしても事業性があると見込んでいる

新型コロナウイルスの影響がある中で、他の人との隔離空間を作れるクルマの価値が見直されていますが、 初期費用や維持費の高さから、希望のクルマを所有することは、特に駐車場代が高い都市部において難しい現状があります。 さらに、高い費用を払ってマイカーを所有しても、土日など限られた時間しかクルマが利用されないというケースがあります。

本プログラムは、Anycaでカーシェアを行うことでクルマの維持費・固定費を軽減し、 もっとリーズナブルに希望のクルマのある生活を楽しんでいただくことが目的です。 定額料金のサポートで3年リース料月々60,830円のアルファードが月々20,830円(実質負担額※3)で所有できます。 オーナーは「Anyca」でのシェア回数に関わらず、毎月定額の“Anyca支援金”を受け取ることができる為、 カーシェアで維持費軽減を図る前提でクルマを購入したいが、シェアがどれだけ入るか不安という方に対して、 月々のクルマにかかる実質負担額を安定して軽減することが可能になります。

今回のプログラムは第一弾と第二弾に分かれており、第一弾の支援金額は、 Anycaの過去の利用実績などを元に算出しました。第二弾の募集からは、 これまで集積した利用実績のビッグデータをAIが解析することで、より詳細な損益分岐点の見極めを行い、 エリアを拡大して車種や地域ごとに異なる支援金の算定を行う予定です※4。 今後はAIが支援金額を算定することで、様々な地域や車種ごと、 さらには個人により異なる支援金での展開を目指します。

【対象車種・Anyca支援金額】

TOYOTA アルファード・¥40,000/月
TOYOTA ランドクルーザー プラド・¥20,000/月

■参考料金シミュレーション

また、オーナーになった方は他のドライバーへのシェア毎にカーシェア受取金額※5も受け取れる為、 シェア回数に応じて、さらにお得にマイカー所有ができます。なお、毎月“Anyca支援金”をお支払いする代わりに、 シェアが成立する度にシェア料金の一部を「予約成立料」として一定額Anycaが受け取ります。

■TOYOTAアルファードをカーシェア料金9,000円で月間3日カーシェアした場合

リース料金※6 ¥60,830 - Anyca支援金額※7 ¥40,000 - シェア受取金額※8¥7,396 = 月の実質負担額 ¥13,434
アルファードを¥9,000/日で月3日シェアした場合、¥13,434/月の実質負担額でアルファードを持つことが可能です。

※1 申込後、選考がございます。定員に達していない場合でも募集を終了する可能性がございます。
※2 Anycaの利用状況に応じて半年毎にAnyca支援金額の減額や契約解除の可能性があります。
※3 本プログラムの契約期間中で、契約時の条件が継続して適用されている場合の金額です。
※4 第二弾は都合により実施しない可能性があります。
※5 スマートデバイスを活用した非対面でのクルマの受け渡しの場合、Anycaプラットフォーム手数料として 共同使用料の20%をAnycaにお支払いただき ます。対面での受け渡しの場合、 Anycaプラットフォーム手数料は共同使用料の10%となります。(予約成立料とは別)。
※6 参考リース料:リース期間3年、メンテナンス「いつでも乗ーる」プラン、付属品マットのみ。 任意保険は契約者によって異なるため、参考リース料に含めておりません。金額は全て税込です。
※7 Anyca支援金額は予約確保料としてオーナーに支払われます。
※8 シェア受取金額:シェア料金(¥9,000×3日)-(予約成立料+プラットフォーム手数料20%
端数処理の関係で図の金額からずれが生じています

第一弾募集の応募資格

・現在のお住まいおよび駐車場が東京都内の下記エリアの方(中央区・港区・新宿区・江東区・品川区・目黒区・世田谷区・渋谷区・中野区)
・株式会社DeNA SOMPO Carlifeのマイカーリース「SOMPOで乗ーる」において「Anycaオーナー定額支援プログラム」の対象車種で新規ご契約いただいた方
・カーシェア文化を共につくるためのオーナーとしてのご協力、DeNA SOMPO Mobilityからの依頼について快諾いただける方
ーシェアを年間36日以上を目安に行うよう努力をしていただけること
ーシェアができない日を年間90日(平日60日、土日祝30日)以内の設定にする
ークルマのメンテナンス以外の理由で非公開にしないこと
ーAnyca運営事務局から依頼があった場合、クルマにスマートデバイス(スマートフォンから安全にクルマの施錠・解錠ができる機器)の装着を許諾していただける方(スマートデバイス装着の際には別途契約の締結が必要です)

■応募期間

第一弾:2020年8月25日~2020年9月30日 30名
第二弾:時期と人数は今後発表※4

■契約期間

・契約期間は3年間(契約期間内でも中途解約可能)
※マイカーリース「SOMPOで乗ーる」の契約は中途解約することができません。

詳細はサイト(https://owner-support.contents.anyca.net)をご覧ください。

「Anyca(エニカ)」とは

https://anyca.net/
DeNAとSOMPOホールディングスの合弁会社であるDeNA SOMPO Mobitlityが運営する “乗ってみたい”に出会えるカーシェアサービス「Anyca(エニカ)」は、個人のクルマを、 使っていない時間にカーシェアシェアできるプラットフォームで、希望のクルマをリーズナブルに 楽しむことができます。マイカーオーナーにとっては、駐車場に眠っているクルマをカーシェアすることで クルマにかかる維持費が軽減され、希望のマイカーが持ちやすくなります。 カーシェアを利用するドライバーは、国内外の乗用車をはじめスポーツカーや高級車など、 豊富な車種を利用できます。また、半分以上のクルマが24時間8,000円以下でシェアが可能です。 個人間カーシェアだけでなく、1時間単位で利用可能な非対面でのカーシェア(レンタカー形態)も利用できます。 累計登録台数は16,000台以上(750車種以上)、登録会員数は35万人以上で、 2015年9月のサービス開始から延べ21万日以上のカーシェアが行われています。(数値は全て2020年8月時点)

「SOMPOで乗ーる」とは

https://sompo-de-noru.jp/
DeNA SOMPO Carlifeが運営する「SOMPOで乗ーる」は、 SOMPOホールディングスとDeNAの強みを活かしたマイカーリースサービスです。 車検、保険料などもコミコミというシンプルな料金設定と、 SOMPOホールディングスならではの安心・安全をプラスして、“アタラシイ”クルマのある暮らしをお届けします。 さらに、個人間カーシェアサービス「Anyca」に登録が可能です。 「Anyca」を通じて維持費を軽減することで、ワンランク上のクルマを持てるチャンスが広がります。